概要

首都圏事業部の基本理念 - 首都圏事業部の目指すもの -
住み慣れた地域で、その人らしく安心して生活できるサービスの提供
理事長挨拶

社会福祉法人 長岡福祉協会 首都圏事業部のホームページをご覧いただきありがとうございます。
当法人は、昭和54年設立以来、「自分や家族、友人が利用したいと思うサービスの提供」という理念のもと、新潟県長岡市を中心に、病院、高齢・障害施設の運営をはじめとした医療・福祉サービスを行ってまいりました。
そして、ここで培った経験を生かし、平成18年より首都圏での福祉事業を展開しております。昨今、首都圏をはじめ、大都市部では近い将来、人口減少・少子高齢化による社会的な影響が懸念されており、同地域における医療・福祉サービスの整備は国家的課題の一つといわれています。
首都圏においても地域にとって何が必要かを見極めつつ、社会福祉法人として期待される公益性を発揮しながら、この国家的課題の解決の一助となれるよう努力していきます。

社会福祉法人 長岡福祉協会 理事長
田 宮  崇

長岡福祉協会首都圏事業部のコンセプト

  • ① 地域密着型サービスのパイオニアである当法人が、今までの実践や経験を活用して、地域で最後まで、自分らしい暮らしを続けることができる仕組みを実現していきます。
  •  
  • 首都圏事業部マップ
  • ② それぞれの地域での高齢化の進展状況には大きな地域差があるため、市町村や都道府県と協働で地域の自主性や主体性に基づき、地域の特性に応じて一緒に作り上げていきます。
    ③ 住まい、医療、介護、予防、生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの実現を図ります。

首都圏事業部の事業展開を行う価値

① 地域とつながっている社会福祉法人だからこそ、その経験・ノウハウを活かし、地域の中でさまざまなアプローチ等をすることで、一つひとつの課題を具体化します。
② 社会福祉法人が行政や団体、民間会社等との橋渡しになることが大切であり、そのことによって、地域展開の潤滑油として地域展開を行っていきます。